ばくあどブログ

面白いと思ったことについてかいています。

「デュエルリンクス」と「シャドウバース」のゲーム性と経営戦略の違いを比較してみた。

今回は「デュエルリンクス」と「シャドウバース」の

ゲーム性と経営戦略の違いについて調べてみました。

 

もくじ

 

 

デュエルリンクスについての基本情報

f:id:shantianshantian66:20170502102050j:plain

リリース日:2016/11/17(配信から約半年)

ダウンロード数:4000万

評価(2017/5月現在):Googleplay 4.3  

                   app store 4.7

その他の情報:

 

 

シャドウバースについて基本情報

f:id:shantianshantian66:20170502103755j:plain

リリース日:2016/6/24(配信から11か月)

ダウンロード数:800万

評価(2017/5月現在):Googleplay  3.7

                   app store 3.3

その他の情報:

  • ソーシャルカードゲーム人気ナンバーワンの「ハース・ストーン」に酷似している。
  • デッキの種類が何パターンも作れる。
  • キャラクターに人気があり、キャラクターのグッズがある。

 

 

違い①「重きを置いている場所が違う」

今回調べてみて一番の大きな違いは重きを置いているところです。

 

「デュエルリンクス」は「カードを集めること」

に重きを置いているのに対して

「シャドウバース」は「対戦」

に重きを置いています。

 

 遊戯王は対戦をするためには「対戦するためにはカードが必要ですよね??」

と言うスタンスでそのために「パックを買ったり」「イベント」「ゲートキー」

がある訳です。

そして「カードを集めて対戦してね」と言った感じです。

現在、ランク戦が過疎っている理由は

「ほしいカード」が手に入らないプレイヤーが多いからだと思います。

 

 

一方シャドウバースはまず、「プレイヤー同士での対戦を楽しんでもらう」

と言ったスタンスです。

そのために「対戦のためのデッキを作りやすい仕組み」が出来ています。

具体的には「自分の持っているカードを分解して、自分のほしいカードに変えられます」

そして、作れるデッキの数も多く、いろんなデッキがランクマッチで見られます。

 

 

違い②「課金する目的が違う」

 運営が課金させる目的が違います。

「デュエルリンクス」は1つの強いデッキをつくるために必要なカードを集めるために課金させます。

一方、

「シャドウバース」は複数の強いデッキを作りたい時、もしくは新しくデッキをつくる時です。

 

 「デュエルリンクス」は一つの強いデッキを作るためにパックを引く必要があるためにパックに課金します。

パズドラ、モンストなど多くのソシャゲで見られる、ガチャのシステムです。

なので、一旦強いデッキが完成すればしばらくは同じデッキで遊べると思います。

 

 

一方、「シャドウバース」はデュエルリンクスのようにパックを引けることは少ないです。

なのでデッキの種類が多いので複数デッキが作りたくなった時、もしくは新しいデッキを作りたくなった時にパックをあまり引けないのでそこで課金します。

しかし、先ほども書きましたが、自分の持っているカードを分解して、自分のほしいカードに変えられます。

つまり、自分の持っているカードを分解することで最低限の課金でほしいカードが手に入るので、無課金でやりたい人は「デュエルリンクス」よりも「積み重ね」が今後重要になります。

 

 

違い③「強みと弱み」

最後に「デュエルリンクス」と「シャドウバース」のそれぞれの強みと弱みをまとめていきたいと思います。

 

デュエルリンクスの強み「ブランド力」 弱み「作業げー」「課金げー」

 

シャドウバース 強み「無課金に優しい」 弱み「訴えられる可能性」「ぶっ壊れ」 

デュエルリンクスの最大の強みは、「遊戯王と言うブランド力」だと思います。

やはり、遊戯王ですよ。

トレーディング・カードゲーム人気トップなので、世界でも知名度で言えば

ポケモン」に次ぐぐらいにあると思います。

逆に弱みはカードが集まるまでが完全に「作業げー」です。

デュエルフィールドでは「オート機能」があるくらいです。

作業は必要な上に、1ボックスかってもカードがそろわないので「課金げー」の側面もあります。

 

シャドウバースの強みは「無課金プレイヤー」に優しい点だと思います。

やはり、長くゲームを愛されるためには長くプレイしてもらうことが重要になっています。

一方弱みを上げるとしたら「訴えられる可能性」と言うことが一番心配です・・・

ハースストーンに酷似しています。

過去に「中国のゲーム」を訴えて勝訴した事例もあるので、ここは心配ですね。

 

 

結論!!最後はどっちが残るか

結論からいいますが あくまで、私個人的な予想です。

訴えられなければ・・・

「シャドウバース」が勝つと思います!!

 

その理由はデュエルリンクスは「遊戯王OCG」経験者には物足りなさを感じてしまい。

逆に初心者はカードがそろえられず勝てず続けにくい点があります。

「シャドウバース」は無課金や初心者でも長く続けられるシステムなので、今後も細く長く愛されると予想します。

しかし、最初に書きましたが、あくまで個人的な意見です。

皆さんも予想してみて下さい。

もしよろしければコメントで書いてもて下さい。

 

まとめ 

  •  「デュエルリンクス」は「カードを集めること」に重きを置いているのに対して「シャドウバース」は「対戦」に重きを置いている
  • 「デュエルリンクス」は1つの強いデッキをつくるために必要なカードを集めるため「シャドウバース」は複数の強いデッキを作りたい時、もしくは新しくデッキをつくる時
  • 個人的には「シャドウバース」の方が残ると予想