ばくあどブログ

面白いと思ったことについてかいています。

恩田陸さんが2回目の本屋大賞を受賞したので1回目に受賞した「夜のピクニック」について話すww

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

昨日2017年の本屋大賞が発表されました!!

恩田陸先生の「蜜蜂と遠雷」が今年の本屋大賞です!

百田直樹先生が4年まえに海賊と呼ばれた男で本屋大賞を受賞した時に直木賞なんかよりもはるかに素晴らしい、文学賞の中で最高の賞だ」とコメントして話題になりました!!

 

しかし、実は 「蜜蜂と遠雷」は本屋大賞のみならず、直樹賞も受賞しています!!

あまり詳しくない自分からすると、「最強の本」に見えてしまいます!!(笑)

なので今回は「蜜蜂と遠雷」について書いてきます!!

 

f:id:shantianshantian66:20170414060243j:plain

 

・・・・と言いたいところなんですが、「蜜蜂と遠雷」はまだ読んだこともないどころか今のところは読み方すらよくわからないですwww

 

恩田陸先生は過去にも「夜のピクニック」という本で第二回本屋大賞をとったことがあります。

僕は「蜜蜂と遠雷」は読んだことがありませんが、「夜のピクニック」は結構好きな本なので今回は「夜のピクニック」のあらすじ、感想、元ネタについて書いていきます。

今回初めて本について記事を書くので多少見づらくても多めに見てください!!

まずは、「夜のピクニック」のあらすじをまとめます。

(ここからはネタバレを含む可能性があります)

 f:id:shantianshantian66:20170414060223j:plain

 

あらすじ・・・

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたが、一度も話をしたことがなかった。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは誤解して…。

(引用)夜のピクニック - Wikipedia

この物語の8割くらいは高校の学校行事「歩行祭」の24時間の中の出来事です。

小説では主人公たちは3年生なので最後の「歩く会」です。貴子は歩く会の中で融に話かけようとしますが、実は・・・・・

 

 

この歩く会にはモデルがある!?

この物語の学校行事にはモデルがあります。

作者の恩田陸さんの母校である茨城県立水戸第一高等学校の名物行事「歩く会」もしくは「強歩大会」をモデルにしています。

f:id:shantianshantian66:20170414052743j:plain

また、この歩く会では、白いジャージ姿で行われるようです。

コースにより細かい距離数は異なるが、1日目の午前にスタートし、前半約45kmは1年生からクラス順に長い列になって歩く集団歩行。各クラスはクラスのスローガンなどを書いたのぼり旗を用意し、先頭の人が持って歩く。例年のぼり旗の文句は注目を集め、一番面白いクラスは一種の尊敬を集める。途中短い休憩をはさみながら、およそ半日強をかけて深夜に休憩場所に到着すると数時間の休憩時間をとる。後半約25kmは走るも歩くも各々次第という自由歩行となるため、運動部員を始めとした脚力に自信のある者にとっては2時間強のタイムを目指すマラソン大会となり、それ以外の多くの生徒は4~7時間ほどかけてゴールにたどり着く。。

(引用)茨城県立水戸第一高等学校 - Wikipedia

強歩会について調べてみたところ小説の歩く会とほぼ同じです。

しかし、自分の高校にはこんなイベントがなかったです。

大変そうですが、いい思い出になりそうでうらやましいです。

 

感想、思い出

僕は実はこの作品が初めて小説をしっかり読んだ作品であり、小説を読むようになったきっかけの作品です。

高校1年の時友達と「高校生の読書の時間」に読む本を探しに書店に行ったときにポップで「わすれていた青春を思い出せる作品」と書いてありましたが、なぜか青春のど真ん中の自分は惹かれこの本を買いました。

最初は読書の時間にしか読んでいなかったのですが、だんだん引き込まれて半分読んだあたりから、家に持ち帰って寝る前にも読んでしまうくらい初めて小説を面白いと感じた小説です。

物語の内容をざっくり書こうとすると昼ドラのようなドロドロした感じの割に高校生が歩くだけですが、読み終わるとすっごいすっきりします。

そしてすこし切ない青春を感じることが出来ます。

当時高校1年生だった自分は高校3年生の登場人物たちはかなり大人に見えました・・・・もちろん中にはそうでない人もいますが、

映画版も見ましたが何というかすっごい長く感じました(笑)

映像にすると本当に歩くだけなので、退屈に感じてしまったのかもしれません。

しかし、それをあれだけ感情移入してしまうような文章を書けることが2回の本屋大賞をとれる理由なのかもしれませんね。

いい機会なので久しぶりに読み返してみようかな。

今回は夜のピクニックについて書いていきました。

好評だったらまた書きます!!

では

 

おすすめ

yyyaaaa.hatenablog.com

yyyaaaa.hatenablog.com

yyyaaaa.hatenablog.com

yyyaaaa.hatenablog.com

 

こちらの記事も読まれています

人気TOP5

1位←

yyyaaaa.hatenablog.com

2位←

yyyaaaa.hatenablog.com

3位←

yyyaaaa.hatenablog.com

4位←

yyyaaaa.hatenablog.com

5位↑UP

yyyaaaa.hatenablog.com

 

 

P,S, 広島カープつよいなーー